葬儀とは

葬儀とは、人の死を弔うために行われる儀式であり、どの国や宗教でも行われています。日本では仏教式の葬儀が一般的であり、従来は大規模なものが主流でしたが、最近では価値観の変化などにより多様な葬儀スタイルが存在します。

葬儀を執り行う前に知っておきたかったことベスト3

お坊さん
no.1

葬儀にはどんな種類があるのか

従来の大規模な葬儀スタイルは一般葬と呼ばれていますが、最近の都市部では家族葬と呼ばれる身内だけの小規模なスタイルが主流です。その他にも、通夜式を省略した一日葬や、火葬だけをおこなう直葬というシンプルなスタイルもあります。

no.2

葬儀費用の仕組みはどうなっているのか

葬儀費用は、葬儀社へ支払う費用である葬儀本体費用と、通夜式の料理代などである飲食接待費用、そして僧侶へ渡すお布施の主に3つから構成されています。この中で最も高い割合を占めているのは葬儀本体費用であり、葬儀社が提示する葬儀プランの費用がこれに相当します。

no.3

安く済ませるにはどうしたらいいのか

葬儀費用を安く済ませたい場合は、葬儀プランを見直すのが一番効果的です。葬儀本体費用だけで見ると、従来の一般葬は100万円を超えるのが普通ですが、家族葬は50万円程度ですし、直葬に至っては20万円という格安の費用で済みます。

葬儀のマナーは知っておこう【服装や一連の流れをチェック】

線香

注目されている家族葬について

家族葬とは、遺族や親族といった身内などに参列者を限定して行う小規模な葬儀スタイルのことを指します。メリットとしては、基本的に身内だけの葬儀になるため、あまり気を遣うことなくゆったりとした気分で葬儀が行えるということが挙げられるでしょう。参列者として呼ぶ範囲については、遺族だけの数人程度という場合から、友人や知人を含む30人程度の場合まで幅がありますし、希望に応じて呼ぶ範囲を自由に決めることが出来ます。

女性

一般的な葬儀の流れ

葬儀の大まかな流れとしては、まず亡くなった日の夜に通夜式が行われ、翌日に告別式と火葬が行われるというのが一般的です。しかし葬儀は通夜式や告別式だけでなく、亡くなったその瞬間からさまざまなことを行わなければなりません。ですので、亡くなったらまず医師から死亡診断書を受け取り、葬儀社に連絡してご遺体を自宅などへ搬送してもらう必要があります。そして葬儀社との打ち合わせを行って納棺を済ませ、その後にようやく通夜式を行うという流れになると言えるでしょう。

合掌

知っておきたい葬儀マナー

遺族側のマナーとして知っておきたいのは服装に関することであり、悲しみの中にあっても失礼のないようにする必要があります。男性の場合は、喪服が基本であり、ネクタイと靴下も黒にするのがマナーです。そして女性の場合も喪服が基本であり、アクセサリーは真珠の一連ネックレスぐらいであれば身につけてよいと言われています。しかし通夜式の際は、急なことで忙しいということもあり、男性も女性も地味な普段着で構わないとされています。

大阪で家族葬を執り行ないたいならサイトをクリック!

横浜で好評な葬儀会社を厳選紹介!

家族葬のことなら横浜市の業者へ相談しよう